シンガポールポストはADIVA/AD-trike(3輪車)を小荷物配達用として導入決定しました。

2014.07.08 (火)

シンガポールポストは7月12日よりADIVA/AD-trike(3輪車)で小荷物配達を開始することが
7月4日の第4回「lflar」イベントで正式に発表されました。
シンガポールはオンラインショッピングの普及に伴い国内の小荷物が増加。2007年より配達量は50パーセント増加しています。
これら宅配便は自宅に配達するため多くの顧客が土曜日配達を歓迎しており毎週月曜日から土曜日まで配達を行うことになりました。
同時にシンガポールポストは今後数年間、毎年シンガポール$100million(日本円で約80億)の投資を行い、
配達のインフラ整備、顧客サービスの水準向上を図ることも決定しました。
小荷物を大量に積んで街中を小回りで配送できる車両として、当社ADIVAの3輪車AD-trikeの導入が正式に決定いたしました。

140708-1

シンガポールポスト社長Lim Ho Kee氏(左から2人目)とシンガポールポストグループCEO(右)とシンガポール経済産業省Yaacob Ibrahim氏、Heng Chee-How氏

140708-2

 

01

 

02

 

CHANNEL NEWS ASIA